霊園の必要性を高めることが出来ないか

昨今ではさまざまな形の霊園が登場しています。
その傾向はバブル崩壊以降に著しくなった言えますが、これは葬儀から埋葬にいたる一連の流れにかけられるお金が少なくなっていることと大いに関係があるのは間違いありません。

ただ霊園の種類が増えたもっとも大きな理由は日本人の死生観が昔と比べて大きく変わったことが一番と言えるでしょう。

たとえば現代に生きる人の多くは死んだらすべてが終わると考えているはずです。


本気で天国や地獄があると考えている人はかなりの少数派に属すると言って良いでしょう。そういった考えが多くの人に共有された結果、まず自分が眠る霊園の形にはこだわらず共同墓地のような選択が普通に出来るようになったと言えるし、さらには死んだ後よりはむしろ生きているうちにお金を使いたいと言う、刹那的な考えを持つ人が増えたと言えるのではないでしょうか。


そういった考えを苦々しく思う人も少なくないでしょうが、それよりはむしろ時代の変化がそういった考えを作り出したと見るべきです。

したがって霊園に対する需要の変化はこれからも続くのは間違いないし、宗教的な儀礼のほうもそれにあわせて変わっていかなくてはいずれ霊園と言う考え方自体がなくなっても不思議ではないと言えるでしょう。

もちろんそんな事態が起こるとは考えられませんが、不景気の続く現代の経済事情を考えるとあまり楽観視できる状況でもないと言えます。

中には死んだらその辺に埋めてくれれば十分だとか、わざわざ霊園に入る必要性を感じないと本気で思っている人がいても不思議ではないのだから、霊園側にも特に金銭的な負担の少ない埋葬の方法を考える義務があると言えるでしょう。

ところで普段は死に関してさばけた考え方をする人でも実際に自分が死ぬとなればやはり死体をそこらに打ち捨てられることには抵抗があるはずです。

そしてそこにこそ霊園と言うものの必要性が現れるのだから、工夫次第では霊園の必要性を高めることさえ出来るのではないでしょうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/10256888/
http://news.goo.ne.jp/article/president/life/president_16028.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/71909/

東京の永代供養墓の最新情報をお伝えします。

これだけは知っておきたい東京の永代供養に関する情報に追加しています。

千葉周辺の永代供養墓の補足説明を致します。

江戸川区のペット葬儀がオススメです。

三重の葬儀は人気のテーマです。